動脈硬化 目の病気

高血圧や動脈硬化の影響により眼の異常を感じることが増えています。

動脈硬化と目の病気との関係で、代表的なものに糖尿病の合併症の網膜症があげられます。

糖尿病の改善がなされないで高血糖や高血圧の状態が続くと、目の血管にも絶えず圧力がかかり、眼底出血が起こることもあります。

網膜には細い血管が無数に張り巡らされているので、高血糖状態が改善されないと、血液がドロドロ状の粘性が強く、目の血管に強い圧欲をかけ負担を負わせるので、眼の動脈硬化が進行して炎症が起き、目の血管を詰まらせたり、弱らせることになります。

さらに動脈硬化が進行して網膜の出血をきたし糖尿病網膜症となります。

既に糖尿病と診断されている場合は網膜症にならないよう、血糖値のコントロールの管理を徹底しなければなりません。


そうでないと失命する危機もあるからです。

網膜中心静脈血栓症や網膜動脈硬化症など、他にも眼の動脈硬化の進行で視力が低下したり、視力障害に陥る病気がありますが、こららの病気にも、かなり病気が進行しないとなかなか症状が出にくい場合もあります。

したがって、病気が進行しないためにも、目の動脈硬化の予防するために、眼底検査を受けることが有効とされます。

人間のからだで、唯一動脈の様子を観察できるのが、網膜の血管部分なのです。この眼底検査をすることで、体の動脈硬化の進行具合をおよそ判別できると言われています。

日常生活する中で視力に異常を感じたり、特に糖尿病であると診断された場合は、自覚症状がなくとも眼底検査をすることが大切です。

目の動脈硬化の対処において、動脈硬化を予防するため定期的に眼底検査して、高血圧や高血糖のコントロールを徹底することで動脈硬化を予防していきましょう。